俳句、川柳、短歌、詩、つぶやきなど、なんでもOK。
今の思いを言葉にして遊んでみましょう。
自分の「普通」が、人には「新鮮」だったりします。

エッセイスト

岸本きしもとよう

神奈川県生まれ。食や暮らし、旅のエッセーのほか、俳句にまつわる著書も多数。『俳句、はじめました』『NHK俳句 岸本葉子の「俳句の学び方」』など。

岸本さんからの創作アドバイス

思いを言葉にする。それは大きな一歩です。この言葉はちょっと違う、この言葉は気持ちに合うなどと、言葉を探していくことにより、自分の心を確かめ整理して、前に進むことができるのです。言葉探しの際には「借り物の言葉」に注意しましょう。歌詞や何かのタイトル、広告コピー、著名人のコメントなど、どこかで見聞きした言葉を持ってきてあてはめると、きれいにまとまるけれど、自分と十分に向き合わないまま終わってしまいがちです。せっかく書こうと思い立ったのに、それではあまりにもったいない!
作品を届ける相手は読み手ですが、スタートは書き手の自分自身との対話です。

ご投稿をお待ちしています

俳句、短歌、川柳、詩、つぶやきなど、なんでもOK。
応募作品から優秀作を誌面で紹介。掲載者には図書カードをさしあげます。

応募要項

俳句、短歌、川柳、詩、つぶやきなど、1作品80字以内で、
郵便はがき、または専用フォームからご応募ください。
応募作品からすぐれた作品を誌面で紹介。
掲載者には図書カード(入選:5,000円、掲載:3,000円)をさしあげます。
①住所②氏名③ペンネーム④学年、または年齢をお書きください。
ペンネームの記載のない方はイニシャルで掲載します。
30歳以上はおとな部として掲載します。

[送り先]
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町20番5 カイト「EY文芸部」係

[締切]
2024年1月10日(春号)
2024年4月10日(夏号)

イラスト:高田茂和